株式会社セレクトホーム > セレクトホーム 福山店のスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローンの金利「3つの種類」ごとにメリットとデメリットを知る

住宅ローンの金利「3つの種類」ごとにメリットとデメリットを知る

カテゴリ:マイホーム知っ得情報

住宅ローンの金利「3つの種類」ごとにメリットとデメリットを知る

住宅ローンを利用する際には、まず借入先や返済方法とともに、「金利の種類」についても検討することが必要になってきます。
金利の種類は3つあり、それぞれメリットやデメリットが異なります。
特徴や違いを知って、ぜひ「自分に適した金利タイプ」を選択してください。

弊社へのお問い合わせはこちら

ローン金利の種類「固定金利型」は返済計画が立てやすい!

まずひとつめの金利の種類が、「固定金利型」です。
完済するまで「同じ金利で固定される」種類です。
市場の影響で変動するといったことがなく、先々まで返済内容も明確になっています。
そのため、将来を見据えて返済計画が立てやすく、家計も管理しやすいというメリットがありますが、デメリットは金利が高めなことです。
よく選ばれる「固定金利型」が、人気の【フラット35】です。

ローン金利の種類「変動金利型」は「金利低め」が特徴!

つぎが「変動金利型」で、「金利」と「返済額」がそれぞれ定期的に見直されます。
「金利」は、「半年」で見直しとなり、市場金利にも影響されて、上下します。
一方、「返済額」の見直しは、家計の安定にも配慮され、「5年」ごととされています。
そのときの残高と金利の2つによってローン返済額が見直されます。
しかし、著しく返済額が上がって家計を圧迫することのないよう、「1.25倍」を上限とするルールが設けられています。
ほかの種類と比較すると、低い金利が利点です。
とはいえ、上昇する可能性はあります。
大幅に上がると、返済額で利息が占める割合が増え、元金が減りにくくなるのが注意点です。

ローン金利の種類「固定金利期間選択型」は変動と固定の選択ができる!

最後の「固定金利期間選択型」は、固定期間とよばれる一定の間、金利が同じままとされる種類です。
その期間が終わったあとには、再び「固定金利期間選択型」と「変動金利型」で選択ができるのもメリットで、そのときの金利でローン返済額が算出されます。
金融機関ごとに固定期間の選択肢があり、短いものでは1年、3年、5年などがあり、長ければ10年、20年、30年といったものもあります。
一般的には、期間が短ければ、金利も低くなります。
この種類も比較的金利が低めなのがメリットですが、固定期間の終了で、金利について見直しをされます。
その際、この種類には1.25倍ルールのようなものがないため、金利の状況によっては、大幅にローン返済額が増加する可能性があることはデメリットです。

ローン金利の種類「変動金利型」は「金利低め」が特徴!

まとめ

「固定金利型」なら、住宅金融支援機構が関連する【フラット35】が、デメリットである金利の高さもおさえられるでしょう。
金融機関が、それぞれに多彩な住宅ローンを出しているので、ぜひ自分に適したものを選んでくださいね。
福山市の不動産なら私たちセレクトホーム福山店へ!
クイック事前審査など、お客様のご要望を叶えるべく全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|晴れの国「倉敷市」の住みやすさについて徹底解説!   記事一覧   転職時期が住宅ローンに与える影響とは?注意点もご紹介|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約