株式会社セレクトホーム > セレクトホーム 福山店のスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入で使える住宅ローンのフラット35とはどんな制度?

不動産購入で使える住宅ローンのフラット35とはどんな制度?

カテゴリ:マイホーム知っ得情報

不動産購入で使える住宅ローンのフラット35とはどんな制度?

景気に左右されることなくローン返済できると人気なのが、フラット35です。
不動産の購入を検討している方は、制度の内容についてチェックしておくといいでしょう。
フラット35とはどのような制度で、どんなメリットや注意点があるのかまとめます。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入時に利用できるフラット35とはどのような住宅ローン?

フラット35とは、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している住宅ローンです。
金利がフラットで、最長35年の返済期間が設定できることからフラット35と名付けられたそうです。
フラット35の最大の特徴は、借入時点の金利が返済完了まで続くことです。
フラット35を申し込めるのは、年齢が満70歳未満であることとされています。
新築でも中古でも利用でき、100万円以上8,000万円以下の融資を受けることが可能です。
フラット35の審査では、収入などの審査が民間の住宅ローンよりもゆるいといわれています。
しかし、建物に関する審査は厳しく、住宅の技術基準は住宅金融支援機構が定める技術基準に適合する建物であるという条件をクリアしなければいけません。

不動産購入でフラット35を利用するメリットとデメリット!

フラット35の特徴である固定金利は、メリットでもありデメリットでもあります。
固定金利なので、返済額に変動がなく返済計画を立てやすいメリットはあるでしょう。
市場金利が上がっても下がってもフラット35の金利が変わることはありません。
保証人が不要で繰り上げ返済手数料も不要なのも、フラット35の利点でしょう。
繰り上げ返済手数料が不要なので、まとまった収入があったときに気軽に繰り上げ返済できます。
フラット35にはいろいろな種類があるので、購入したい建物に合わせた制度の選択が可能です。
地方公共団体と連携して、金利が下がる制度のフラット35もあります。
フラット35のデメリットは、民間の住宅ローンの金利よりも金利が高めに設定されている点でしょう。
また、保証人が不要な分、ローンの審査期間が長くなります。
民間の金融機関なら数日で終わる事前審査も、フラット35の審査は長期になる場合があるようです。
建物に対する審査が厳しいのも、フラット35のデメリットです。
フラット35には住宅に基準が設けられているので、注文住宅を購入するときに利用したい場合は条件に合うかをチェックして、ハウスメーカーに確認するといいでしょう。

不動産購入でフラット35を利用するメリットとデメリット!

まとめ

フラット35は計画的にローンを返済したい方や、収入に波がある方に向いている住宅ローンです。
しかし、金利が安いところを調べて借り換えたいと考えている方にはやや不向きな制度になります。
メリット・デメリットを理解したうえでフラット35に申し込みましょう。
福山市の不動産なら私たちセレクトホーム福山店へ!
クイック事前審査など、お客様のご要望を叶えるべく全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|転職時期が住宅ローンに与える影響とは?注意点もご紹介   記事一覧   岡山県井原市は子育てしやすい街!手厚い子育て支援について|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約