株式会社セレクトホーム > セレクトホーム 福山店のスタッフブログ記事一覧 > 不動産営業職は女性に向いている?メリット・デメリットを比較しました

不動産営業職は女性に向いている?メリット・デメリットを比較しました

カテゴリ:採用情報

不動産営業職は女性に向いている?メリット・デメリットを比較しました

不動産営業職は固定給に加えて成果報酬が加算される場合も多く、高収入を目指せる職種と言えます。
不動産業界は女性の参入も多く、他の業種よりも高収入を得ている女性も多いです。
一方で女性にとって働きにくい部分も残っているとの声も。
この記事では不動産営業職のメリット・デメリットの両方を見ていきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産営業職は女性も男性もキャリアアップを目指せるメリットがある

不動産営業職は、経験や職歴を問わず正社員として採用されやすい職業です。
そのため不動産営業は、キャリアアップを目指したい女性にとって挑戦しやすい職業と言えます。
不動産営業の仕事においては、戸建て・賃貸・マンションといったあらゆる種類の物件を扱います。
それぞれの物件の特徴を学び、専門知識を身につける必要のある不動産営業は、資格取得のサポートが充実している職場も少なくありません。
会社によっては宅地建物取引主任者(宅建)の取得支援を行い、資格を持っている人には手当てが支給されるのです。
宅建の資格保有者は、従業者5人に対して1人の比率で配置しなくてはなりません。
不動産会社としては、事業所の規模が大きくなっていくほど宅建保有者が必要になってきます。
不動産営業職への就職・転職を目指しているなら、ぜひ宅建の資格取得を目指してください。

不動産営業は女性に対する配慮が不足しがちなデメリットもある

不動産営業は長時間労働や休日出勤が多い傾向があり、休みが取りにくい傾向があります。
かつての不動産業界ではハラスメントも多く、男性中心の仕事環境から発生する問題が女性に降りかかっていました。
現在はコンプライアンス徹底のもと、労働環境の見直しが行われています。
育休や産休を取りやすい環境を整え、女性も長く働き続けられる職場づくりの推奨が行われているのです。
営業先でも男性だけの空間に女性一人にならないよう、顧客の情報から素性を確かめて営業先を配置しています。
顧客にとっても、営業担当は同性の方が安心感があり話しやすいというメリットがあり、女性の営業職は女性の顧客を担当することが多くなっています。
不動産業界としては女性を積極的に採用し、戦力になってもらいたいと考えています。
不動産営業職を目指すなら、女性社員の比率やサポート体制に注目して会社を選びましょう。

まとめ

未経験から参入できる職種は、女性にとって非常に魅力的です。
キャリアアップを目指したい、自分や家族の将来のために収入を増やしたいと考えているなら、不動産の営業職への就職・転職を検討しても良いでしょう。
福山市の不動産なら私たち株式会社セレクトホームへ!
クイック事前審査など、お客様のご要望を叶えるべく全力でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売買の営業職への転職はおすすめ?きつい理由や楽しい理由を詳しく紹介   記事一覧   不動産営業に必須の資格である「宅建士」について解説|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約